So-net無料ブログ作成

2回目の内診! 胎嚢は見えるか・・・!? [妊娠]

***********************************

 妊娠0週 前回の生理開始
 妊娠1週
 妊娠2週 排卵、受精
 妊娠3週 着床、フライング検査開始
 妊娠4週 生理予定日
 妊娠5週 一般的な(50IU/L)妊娠検査薬が使用できる本来の期間
 妊娠6週   ← 今ココ

***********************************


ドキドキの初診は、何も見えず、という結果に終わりました。


再び、基礎体温の計測と妊娠検査薬チェックの毎日に逆戻り・・・

不安でいっぱいの1週間を乗りきり、やっとの思いで再診の日を迎えました。

この1週間・・・・本当に長く感じた・・・[たらーっ(汗)]



さあ、そろそろ胎嚢が見えてほしい・・・



ちなみに、

胎嚢とは・・・ベビちゃんが入っている袋。

胎芽とは・・・妊娠10週までのベビちゃん。

それ以降になると、晴れて胎児と呼ばれます。





この時期の胎嚢は1日に1mm程度大きくなっているそうです。

ということは、7日前に確認されなくても、7日間で+7mmのサイズアップをしていれば、
きっと見えるはず。(と信じたい)



子宮内に胎嚢が確認されれば、子宮外妊娠などのリスクはぐっと減ったといえます。



ああ、今日こそ、胎嚢が見えますように・・・・!!!






再診はこんな感じの流れ。
  ↓

1:受付
 診察券を使い、自動受付機で受付をする。
 保険証も提出。

※育良クリニックでは、女性医師の内診を希望することもできるようです。
希望しなかった場合、前回(初診)とは別の先生になるようです。
以後も同様に、特に希望がなければ大抵は前回の診察とは別の先生になります。
多くの医師が診察することにより、見落とし(?)などのリスクが軽減できるからだと思われます。

2:尿検査
 トイレにて採尿。

3:体重、血圧測定
 自分で行い、プリントした紙を受付に提出。

(呼び出されるまで待つ、約30分)

4:内診
 超音波内診。(←やっぱり苦手)

5:説明
 内診の結果を元に今後についての説明。

(呼び出されるまで待つ、約10分)

6:会計
 会計後、帰宅。





で、結論から言いますと・・・




この日、無事に胎嚢は確認できました!!!



IMG_2549.JPG



GS(胎嚢の大きさ) 24.93mm
GA(妊娠週数)   6w5d


予想より大きかった[あせあせ(飛び散る汗)]



しかも



すごいいびつな三角形だった・・・




でもまずは、待合スペースまで付き添ってきてくれた相方さんに報告。



「見えた!子宮にちゃんと胎嚢があった!」

「おお、よかった!これで、とりあえずは一安心だね」

「いや、まだ心拍は聞こえないから、次は2週間後にまた来てって言われた・・・」

「そ、そうなんだ・・・最初だからしょうがないね」

「それに胎嚢ってもっと丸いかと思ってたけど・・・すごくいびつでとんがっている・・・だいじょうぶかなぁ」

「え?超音波写真だからでしょ?だいじょうぶだよ」

「そういうものかな・・・そうだといいけどな・・・」




胎嚢はいびつ

丸くなくて三角形

しかも胎嚢が大きいのに心拍が確認できない





などの情報をもとにWeb検索すると、流産の可能性が・・・

との記事がよく目に入ってきます・・・







もう、何から何まで不安・・・



胎嚢が確認できたら安心できると思ったのに・・・



一体、いつになったら安心できるのか・・・








でも


でもね




おなじようなキーワードで、このブログにたどり着く人もいるかもしれませんので、
しっかり書いておきますね。



あくまでも、私の場合、ですが。



ちゃんと出産までたどり着きました!



胎嚢が綺麗なまん丸でなくても、だいじょうぶだった人もいます!!!(←ココに)






もちろん、医師の判断が一番重要なので、素人判断はよくありませんが・・・

こういう人もいましたので、医師が何も言っていなければ、必要以上に不安を感じなくても良いと思います。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。