So-net無料ブログ作成
検索選択

いざ初診! 私の場合はこんな流れでした [妊娠]

***********************************

 妊娠0週 前回の生理開始
 妊娠1週
 妊娠2週 排卵、受精
 妊娠3週 着床、フライング検査開始
 妊娠4週 生理予定日
 妊娠5週 一般的な(50IU/L)妊娠検査薬が使用できる本来の期間 ← 今ココ

***********************************


5週5日(と、思われる日)。

ドキドキの初診の日を迎えました。


朝から緊張しつつ、日課の基礎体温計測・・・
高温期持続中とわかってホッとして。

そのままトイレに駆け込み、チェックワンにて検査・・・
尿が沁みていくと同時に、うっすらと陽性ラインが浮かび上がって、さらにホッとしたりして。


この頃は正直、常に妊娠検査薬でチェックし続けていないと不安でたまらなかったです。

できれば数時間おきにチェックしたいくらいでした。(我慢し1日1回にしていましたが)



でも、正常な妊娠かどうかは、妊娠検査薬ではわかりません。

ちゃんと子宮内に着床しているのを確認して、
心音が確認できて、
安定期を迎えられるくらいにならないと・・・・・・

それまでは常に不安でいっぱい。



でもまずは、初診に行って、正常な妊娠かどうかを見てもらわなくては!



そう自分を奮い立たせ、産科の病院(育良クリニック)に足を踏み入れたのでした。




私の場合、ざっくりとした流れは以下の通りでした。

(2013年当時の育良クリニックでは、という話なので、現在は違うこともあるかもしれません。
もちろん、他の医療機関でも異なると思います)


1:受付
 初診であることを伝え、問診票に記入。
 保険証も提出。

2:尿検査
 トイレにて採尿。

3:体重血圧測定
 自分で行い、プリントした紙を受付に提出。
※ちなみに、育良では−1キロ(靴、洋服分)に設定された体重計に乗って体重を計ります。
 (靴は履いたままです)

(呼び出されるまで待つ、約20分)

4:問診
 問診票を元にいろいろ質問されたりします。

(呼び出されるまで待つ、約30分)

5:内診
 超音波内診。
 アレに乗っての内診です。(←苦手)

6:説明
 内診の結果を元に今後についての説明。

(呼び出されるまで待つ、約10分)

7:会計
 会計後、帰宅。



こんな感じで、待ち時間を含め、だいたい1時間30分くらいでした。



まあ、【1:受付】〜【3:体重、血圧測定】くらいまでは健康診断と変わりませんから、
特に緊張はしないんですが。

【4:問診】を待つ間に、緊張が徐々に強くなり・・・

そして悪い想像ばかり浮かんでしまい、待ち時間がとても長く感じました・・・



で、待合スペースのディズプレイで自分の番号が呼び出され、指定された部屋に移動し、問診を受けます。



担当は助産師さん。

記入した問診票の内容の確認が主な内容だったと思います。
(本当に緊張しまくっていたので、詳しい話は覚えていない。苦笑)

そんなに難しい話は無く、本当に問診票の内容の話がちょっとあり、
「産院を育良に希望するなら、必要な努力(主に体重管理など)はしてもらいますが、大丈夫ですか?」
という話の確認くらいだった気がします。


で、最後に、育良の院長先生が顔を出し、2〜3の質問のあと、
ぱっと私の顔を見て、

「あれ、なに?緊張してるの!?
緊張してるなら、内診は女性の先生がいいか!
大丈夫、大丈夫!心配いらないよ!」

と、内診をしてくれる先生を決め、嵐にように去って行きました。
(院長先生にはこのあとずっとお会いできず、次にお会いできたのは出産直後の分娩室だったりするw)

※内診は女性医師に、とこちらから希望することもできるようです。


女性医師、と聞いて、ちょっとだけ緊張がほぐれましたが、
内診室に呼ばれて、内診台の前に立ったら、一気に泣きそうになりました。


内診・・・本当に苦手で・・・[もうやだ~(悲しい顔)]



ビクビクしながら内診台にあがって・・・いよいよ内診・・・







ああ・・・






どうか・・・




どうか・・・







ちゃんと子宮内に着床していますように・・・!!!!!!












祈りながら、先生の言葉を待っていると・・・













「・・・・・・・・・うーん、見えませんね〜


「えっ!?(そ、それは妊娠していないということですか!?)」


「(超音波の棒をグリグリしながら)うーん・・・無いですね。また来週ですね〜(グリグリ)」



ガーーーーーーン[がく~(落胆した顔)]




ヨロヨロと待合スペースの相方さんの所に涙目になりながら戻りました・・・


「だ、だいじょうぶ?」

「・・・・・・見えなかった・・・また来週来て、って・・・」

「あっ、なんだぁ。そっかそっか。なんだよ、涙目になってるから、なんかあったのかと思ったわ!」

と心配してくれた相方さんに少し癒されて、内診してもらった先生とちょっと話をして(【6:説明】)、
この日は終了となりました。



帰路も、

「ネットで見たら、妊娠5週目には胎嚢がだいたい見えるって書いてあったのにぃ・・・」

とグズグズしてしまう私を、

「まあ、来週には見えるよ。また来週、来よう」

と慰めてくれた相方さん・・・(ありがとう・・・)





卵ちゃん(胎嚢)の確認ができるかは、翌週への持ち越しとなりました。


そしてまた毎朝、基礎体温計測と妊娠検査薬を繰り返して、1週間・・・





妊娠6周5日に、再診を受けることになりました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。